detailSample_ph01

祭りで見た東北の新しい魅力

祭りの季節がやってきた。東日本大震災から間もなく2年5カ月。東北の被災地では、各県を代表する夏祭りだけでなく、国内外の支援を受け地域に伝わる伝統行事が復活している。日々の暮らしに追われる人々が短い夏を精いっぱい楽しみ、明日を生きる勇気をもらう。
津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市では昨年8月、山車をぶつけ合う「気仙町けんか七夕」が2年ぶりに復活した。全国から支援を受け、若手が中心となり運行された山車には「日常が戻りますように」という短冊が飾られていた。
「けんか七夕」は今年も8月7日に行われる。がれきは撤去されたものの、かつてのにぎわいを取り戻せないでいる街。関係者は「ここでやること、そして続けることに意義がある」と古里の復興を信じて、準備を進める。
一昨年の仙台市、昨年の盛岡市に続き、今年6月、福島市で「東北六魂祭」が行われた。東北6県を代表する夏祭りが、東京電力福島第1原発の事故で苦しむ県民らを励ました。
民俗学者の柳田国男は、日本人の伝統的な世界観の一つとして「ハレとケ」を提唱した。ハレ(晴れ)は儀礼や祭り、年中行事などの「非日常」で、ケは普段の生活を表している。
東日本大震災はわれわれの日常の暮らしを奪い取った。復興は進まず、除染作業という目に見えない戦いも続く。そんな「非日常」が「日常」に変わる。東北の祭りは、かつての「ハレとケ」を取り戻すための通過儀礼の一つなのかもしれない。
東北6県の主要7新聞社で構成する東北七新聞社協議会の企画「東北発ニッポン元気アクション」。「東北から日本を元気にする」というテーマで、わが国だけでなく世界を活性化するヒントを家族、食、医療などをキーワードに探していく。

【岩手日報社】

キャプションてすと

識者インタビュー

あたかも震災後の再興に向かう私たち一人一人へ、
賢治からのメッセージとして訴えかけられているようだ。

宮沢賢治記念館副館長 牛崎 俊哉

牛崎俊哉さん(うしざき・としや) 54年岩手県花巻市生まれ。岩手大卒後、花巻市役所入り。絵本評論賞、国民文化祭児童演劇脚本賞など受賞。現在、宮沢賢治記念館副館長(学芸員)。志津子夫人と賢治の世界を舞台化する「演劇らあす」も主宰する。

宮沢賢治の未完の童話「銀河鉄道の夜」に描かれる「ケンタウル祭」は夏祭りだろうか。作品では「銀河のお祭り」や「星祭」とも呼ばれていて「ケンタウルス、露をふらせ」という不思議な掛け声に象徴される幻想の祭りは、川に「烏瓜(からすうり)を流す」という儀礼から、夏のお盆の風習とも重なってくる。
賢治の古里、岩手県花巻市では8月の中ごろ、北から南に真っすぐ流れる北上川の夜空には、それと並行して銀河が北から南へ流れて行く。川に流される烏瓜の光は天空の星々と呼応し、死者たちの魂は銀河鉄道に乗り込み、祖霊との出会いと別れの祭りでもあった。
一方で賢治の夏祭りでは、人も自然の中で生かされる一員にすぎないことが描かれる。1924(大正13)年に刊行された生前唯一の童話集「イーハトヴ童話 注文の多い料理店」の童話「かしはばやしの夜」では、逢魔が時(日暮れ)に、柏(かしわ)の木大王に招待された謎の絵かきと、農民清作の2人が参加して、夏の踊りの第三夜が繰り広げられる。
柏の樹霊たちの歌合戦によって、林(ハヤシ)はまさしくお囃子(ハヤシ)の舞台となり、樹霊への畏敬の念を忘れてしまっている清作への非難が繰り返される。本来祭られるはずの自然の霊、地霊の神々、そして山々への信仰を人間はいつどこで忘れてしまったのだろうか。
そして童話「ポラーノの広場」では「ポランの広場の夏まつり/ポランの広場の夏まつり」と歌われる祭りが、実は選挙目当ての酒盛りの偽物であると断罪された。
本当の夏の祭りは一体どこにあるのか。賢治は8月3日からイーハトーヴォ海岸へ出張した博物館職員のレオーノキューストが、海岸の人たちに大歓迎される場面を通して描いてみせてくれた。
沖の岩礁を渡ろうとすると、船に赤や黄の旗を立てて16人もかかって櫓(ろ)をそろえてこいでくれ、夜には泊まった宿の前で、かがりをたいていろいろな踊りを見せてくれた。そのことでレオーノは「たびたびわたくしはもうこれで死んでもいゝ」とまで感激し「さあ、われわれはやらなければならないぞ、しっかりやるんだぞ」と心に誓う。
ここで賢治が心から愛したイーハトーヴォ海岸の舞台が、今回の東日本大震災での被災地・三陸海岸であることを重ねていくと、レオーノの決意は特別の意味を持ってくる。
あたかも震災後の再興に向かう私たち一人一人へ、賢治からのメッセージとして訴えかけられているようだ。