IMG
JR東日本はこの冬も東北6県の観光キャンペーン「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」を展開する。「行くぜ、東北。」は東日本大震災からの復興を観光振興から後押ししようと2011年11月にスタート、東北の冬の魅力を「冬のごほうび」と銘打って展開するキャンペーンは本年で3年目となる。

東北の雪祭りや雪景色、温泉、食といった魅力を、日々を忙しく過ごす人たちへの「ごほうび」と位置付け、JR東日本と提携する各旅行会社が共同で、冬のごほうびを満喫できる旅行商品を多数用意する。

11月6日にオープンしたばかりの専用WEBサイト(http://ikuze-tohoku.jp/ikuze2018-gohoubi/)は、東北の様々なスポット情報をふんだんに掲載し、東北の冬の魅力が一目瞭然。サイトを参考に、広い東北のどこに足を運ぶのかを決めるもよし、「雪祭り&絶景」「温泉」「グルメ&酒」「アクティビティ」などのジャンルから気になったものを探すもよし。「写真映え」の良い素材とともに、旅のヒントが詰まっている。

今年新たに企画する「インスタブック」は、Instagramへの投稿写真などで構成される変形B5判、32ページの冊子。JR東日本エリアの主な駅やびゅうプラザで無料配布することで、東北の冬を活写した写真集として楽しめる趣向だ。広い東北をどうめぐるか、各県ごとのモデルコースも示されており、旅行者目線で楽しめる。

IMG

前述のWEBサイトではSNS等で若い世代にも発信力を持つ4人がナビゲーターとなり、実際に東北を旅して収録した動画を東北の6県ごとに公開予定。個性豊かな動画が11月~2月にかけて順次公開される。

「行くぜ、東北。」のイメージキャラクターは2018年のカンヌ国際映画祭で最高賞を獲得した「万引き家族」での好演が光った女優の松岡茉優さんが務める。東北の「温泉」「食・酒」「アクティビティ」の魅力を伝えるポスターなどに登場し、PRに一役買う。「冬のごほうび」をテーマに制作された新作のCMは、11月8日から首都圏での集中放映を皮切りに、来年1月末まで北海道・東北・信越のローカル局でも放映予定。

見たことのない絶景や雪祭りを前にすればココロは自ずと温まり、温泉に浸かればカラダもポカポカ。雪上の体験で童心に帰り、ご当地料理に舌鼓。そんな極上の「ごほうび」が、白い世界であなたを待つ。さあ、「行くぜ、東北。」