烏ケ崎の展望 お勧め/福島の信夫山 魅力たっぷり

yamagata01

信夫山の烏ケ崎展望デッキからの福島市街地の眺め

私は、福島市の観光スポットとして、市のシンボル信夫山の西端にある「烏ケ崎展望デッキ」をお勧めしたい。中心市街地の街並みをはじめ、雄大な福島盆地や阿武隈川、吾妻連峰を一望できる。JR福島駅を出発した東北新幹線の列車が信夫山トンネルに入る様子を、真下に見ることもできる信夫山随一の絶景ポイントだと思う。


お勧めの観光スポットについて語る狩野駅長

春は荒川桜づつみ河川公園の桜、冬は雪景色など四季折々の風景を楽しめる。繁華街の夜景の眺めも素晴らしく、若いカップルの隠れたデートスポットになっている。駐車場から歩いて約五分の所にあり、展望デッキに通じる遊歩道や夜間照明を整備すれば、さらに来場者が増えると思う。

信夫山は熊野、羽黒、羽山の三山からなり、羽黒、月山、湯殿の三神社がまつられ、古来から信仰の山として市民に親しまれてきた。都市の中心部にこのような大きな山があるのは珍しく、身近な観光資源としての魅力が詰まっている。福島駅から近く、県外から福島市に来た人が気軽に足を運べる観光スポットだ。

この他にも、あづま総合運動公園内にある民家園や旧広瀬座など、福島市にはPR次第で注目を集めそうな観光資源がある。既存の施設の魅力を見直し、磨きを掛けることが観光の活性化につながる。

今年のふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)では多くの観光客が福島県を訪れ、観光業界は大きな自信になった。二〇二〇年の東京五輪では多くの外国人観光客の来日が予想され、東京から距離的に近い福島にとって絶好の誘客チャンスだと思う。優しい県民性で温かくもてなし、観光客を増やすことが復興を後押しすることになるはずだ。
(福島民報)