文化体験のために訪れた元学生たちが八幡平市とタイの懸け橋に

日本文化体験のために来日し、八幡平市ホストファミリーの会会員と滞在中の日程などを確認するタマサート大の女子学生
自然に恵まれ、外国人観光客数が年々増加している岩手県八幡平市が「新たな市場」と開拓に力を入れているのが、民間レベルでの交流が長年続くタイだ。

同国との交流は、文化体験のため同市を訪れる同国の名門タマサート大の学生を、市ホストファミリーの会(鈴木信一会長)が受け入れた旧西根町時代の1995年にさかのぼる。交流は現在も続き、受け入れ数は延べ約300人となる。

政府機関や日系企業、旅行業に就く来日学生も多く、この縁をインバウンドに結び付けようと市観光協会は2014年、タイ語の観光パンフレットを作製した。

ホスト家族経験もある田村正彦市長が同年、タイで開かれた訪日旅行フェア会場でパンフレットを配布。16年にも、同国での国際旅行博に参加し、市をPRした。現地での交通案内や通訳を務めてくれたのは、いずれも元受け入れ学生たちだった。

交流10年と20年の節目の年に会員とともにタイを訪れ、旧交を温め続けている鈴木会長は「受け入れ学生たちが、八幡平市とタイの懸け橋になってくれている」と成果を強調し、目を細める。

市によると昨年度、市の観光客入り込み数は約176万人で、うち外国人観光客は約3万人。現在は年間40%増で推移している。

国際情勢が外国人観光客数を大きく左右する中、数年前まで200人前後だったタイからの観光客は昨年度に400人を超えた。市は数年以内に年間千人規模までの成長を見込む。

これまでの交流実績を生かし、誘客事業展開を目指す市商工観光課の多田和雄観光振興係長は「タイの方々は雪を好む。市内観光関係団体とも連携し、冬の体験メニュー提案など、仕掛け作りが重要になる」と今後を展望する。

(岩手日報)