モンゴル村移動式住居
「ゲル」が育む家族の絆

モンゴルの遊牧民が暮らすゲルで、ゆったりとした時間を過ごす家族連れ=岩手県滝沢村のモンゴル村

岩手県滝沢村の相の沢温泉「お山の湯」に5月、「岩手山悠久の里 滝沢モンゴル村」がオープンした。遊牧民が使う移動式住居「ゲル」に宿泊するユニークな施設で、訪れた家族らはゲルという一つの空間で一家だんらんの時間を過ごしている。
「お山の湯」前の広場には円形のゲル5基がある。外観から想像するより、室内は約30平方メートルと広く、天井も高い。3、4台のベッドを備え、ゲルを覆う布をまくり上げると、風通しもいい。冬はまきストーブを設置し、、四季を通じて快適に過ごせる。
物珍しさもあり、オープン以降、多くの家族連れが利用した。宮城県登米市から家族3人で訪れた公務員千葉文人さん(34)は「思ったよりも広くてゆっくりできそう。キャンプのテントとはひと味違う」と満足した様子。
妻有美子さん(29)は「ベッドもソファもあってすてき。天井が窓になっているので、星空を見るのが楽しみ」と目を輝かせた。
今春岩手大を卒業したモンゴル人のラオグジャブ・ムンフバットさん(27)の尽力で、モンゴル村はオープンした。モンゴル村の村長となったムンフバットさんは「家族が一つの空間にいると、互いを気遣う気持ちが生まれる」と語る。
1泊の宿泊料金(お山の湯の入浴、朝夕の2食付き)は大人(中学生以上)6千円、小学生3500円、幼児無料。問い合わせはお山の湯(019・680・2588)へ。

【岩手日報社】

interview

識者インタビュー

自然は無意識的で、森は学ばせる場所ではなく、子どもが何かを見つける場所

吉成 信夫

よしなり・のぶお 56年東京都生まれ。成蹊大卒。96年岩手県一関市東山町に移住。石と賢治のミュージアム研究専門員。岩手県立児童館いわて子どもの森館長を経て、葛巻町のNPO法人岩手子ども環境研究所(森と風のがっこう)理事長。

岩手県葛巻町の上外川(かみそでがわ)地区は北上高地に位置し、標高約700メートル。そこで小学校の廃校舎を利用し、子どもの居場所づくりや新たな農的生活を実践しているのが「森と風のがっこう」だ。北欧発祥の「森のようちえん」をモデルに、森や川に囲まれた環境の中で遊びや体験を通して成長を促すさまざまな行事を行っている。運営するのはNPO法人岩手子ども環境研究所。同法人理事長の吉成信夫さん(56)に「家族」について聞いた。(聞き手・岩手日報社岩手支局長猪越雅哉)
interview01
■家族や子育てをどう考えているのか。
 「子育てだけではバランスを欠くと思う。『子育ち』に加え『親育ち』ということが抜け落ちてはならない。子どもが自ら生きようとする力を認め、内在するものを光らせ、それから大人も学ぶことが大切だ」
 「母親から子育てのために何をすればいいかとよく聞かれる。特別なことは何も必要ではない。日々の暮らしの所作の中で自然に出てくる言葉をおざなりにしないことだ。そこから『愛』は伝わるのではないか」

■食とエネルギーも活動テーマの一つだ。
 「見ず知らずの人が一緒に働き、ご飯を作り食べる。そして食卓を囲むことががっこうのキーワードだ。相互扶助の関係の中で、悩みを話し癒やされていく。そんな自己治癒ががっこうの目指すものだ」

■食卓を囲んでの自己治癒は、家族の持つ意味の一つではないのか。
 「その通り。家族の原形だ。ここを訪れた人は大きな家族として捉えている」

■血のつながりはないが。
 「家族というのは、社会の中で最後かつ最大のとりで。良いところも悪いところも見せ合える仲で子どもたちも成長する。ただ、少子化が進みこれまでの在り方にほころびも出ている。隣人も家族という新たな捉え方も必要で、血のつながりだけでない『選択的家族』といえるような新たなつながりも模索している」

■森の中での活動の意義は。
 「小さなころから自然の中で心や体を解き放つことが成長にとっていいことだ。自然は無意識的で、森は学ばせる場所ではなく、子どもが何かを見つける場所。人為的な場所や意識的なものだけでは子どもは育たない」
【末尾編注】吉成さんは1956年11月29日生まれ